iPhone6に搭載予定のカメラ画素数は、iPhone5S/5Cと同様800万画素という情報が濃厚になって来ました。ですが、iPhone6のiOS8のプレビュー機能はPDF・各種画像ファイル・Office・iWorkファイルなどを開く事が出来るとの事。

更にiPhone6はPDF、画像ファイルは編集も可能になるようです。光学手ブレ補正と最新オートフォーカスにより、更に綺麗な写真が撮影出来るでしょう。

Apple社は光学手ブレ補正とオートフォーカスに関する特許を申請しており、研究が続けられています。

この研究によってiPhone6カメラでは薄暗い室内などでの撮影も、フラッシュなしで鮮明な写真・動画が可能になるのです。初代iPhoneが登場した2007年には200万画素のカメラが搭載されていました。

2009年には300万画素、2010年で500万画素とLEDフラッシュの装備、2011年で800万画素。

現最新モデルである2013年iPhone5S/5Cでは800万画素が据え置かれましたが、 プロのカメラマンも、このiPhoneのカメラ機能には一目置いているほど実はすごいものなんです。なんといっても初代発売から7年でiPhoneのカメラ機能は着実に進化を見せているのですから。

それゆえ、カメラのiPhone6スペック
ディスプレイ:4.7インチ416ppi/5.5インチ356ppi 共に解像度1704×960
ROM:32/64/128GB
プロセッサー:A8チップ
背面iSightカメラ:1,000万画素 f値2.0
前面FaceTimeカメラ:210万画素

という情報も。

Apple社が前回よりスペックが下回る機能をiPhone6に搭載するはずはないのでこういったiPhone6について騒がれているカメラ機能情報も無い話ではないでしょう。Apple社の技術をもってすれば1000万画素も可能かと思われるが、果たしてiPhone6に搭載と公式発表されるのか大いに期待されるところです。ぜひ、iPhone6は1000画素にスペックを上げて欲しいですよね?

そのためにApple社はiPhoneユーザーのさらなる高スペックの期待に応えるべく、日々研究を続けているのですから。

そして、カメラ機能に加えて今回iphone初の防水機能も搭載予定データをパソコンなどに移行し忘れていた時に限って水没、なんて経験のあるユーザーもいたのではないでしょうか。防水機能があれば、撮りためた写真やムービーも水によって消滅されることも少なくなるのでは。

新スペックが目白押しのiPhone6なるべくなら発売日にゲットしたいですねSoftbankのオンラインショップ予約なら、機種変更の方はお使いの携帯番号の入力だけ。

予約を逃さないよう今後の情報をマメにチャックしていきましょう。

今から機種変更するのが楽しみですね♪