iPhone6スペック|iPhone6のスペックを確認

Sticky

iPhone6スペックについて


9月発売のiPhone6はとにかく新スペックがすごい

iPhone6にはたくさんの新スペックが盛り込まれてきそう。iPhone初の防水機能・ソーラー充電・ワイヤレス充電などに加え、iPhone5Sから囁かれていたNFC(おさいふ携帯)機能がいよいよ搭載されるかもしれません!

早くこの手で確かめたいですよね?
今後もiPhone6予約開始日時のチェックをお忘れなく。

公式へ>iPhone6予約情報はこちら

※SoftBankでは24時間予約受付可能でオンライン予約限定キャンペーンも実施!

 

iPhone6のカメラ機能もCPUもかなりグレードアップして搭載されるようです。今まで以上にキレイな撮影が可能になり、容量を気にせず保存も出来る。お気に入りの写真やムービーが増えそうですね♪iphone6機種変更をすると様々なキャンペーンを実施しているので確認してください。

 

iPhone6スペック 容量

今年9月に発売予定のiPhone6のスペックは、画面サイズだけでなく容量サイズも128GBと現在の最大容量64GBの何とスペック2倍。iphone6は16GBモデルを廃止して新たに128GBモデルを追加する模様ですので、容量は32GB・64GB・128GBからの選択となりそうです。

iPhone6は画面を4.7インチと5.5インチの2サイズ発売予定としていますが、128GBモデルは5.5インチのみで4.7インチは現行通り64GBが最大となるかもしれません。

この容量選択に、毎度頭を悩ます方も多いかと思います。

参考までに

    残したい(移行したい)データが20GB未満なら32GBモデル

    残したい(移行したい)データが20GB以上なら64GBモデル

価格はというと、容量を倍にするとプラス1万円といったところです。1万円と聞くとついついケチってしまいがちですが、2年契約だと420円/月をケチったがために泣きをみる結果になってしまわないよう、現在使用中のデータ容量などを確認しておくと良いでしょう。

ともあれ、128GBも容量があれば沢山のミュージックやゲームや写真にムービーなど思う存分iPhone6に保存出来るので、日々の生活に活用できそうですね♪

カメラ機能も光学手ブレ補正と最新オートフォーカスにより暗い部屋でもフラッシュなしで高スペックな撮影が可能になるのです。

日常のあれこれや旅先などの写真やムービーを容量オーバーを気にせず撮影できるなんて、いまや数えきれないくらいのブロガーの皆様には朗報ではないでしょうか。iphone6スペックの高さに今後も目が離せませんね。

4.7インチ版iPhone6に128GBが発売することを期待し、ぜひともオンラインショップでiPhone6を予約して発売日にゲットしたいものです。

店頭で並んで買うのも苦労して手に入れた感はかなりありますが、仕事などで店頭には行けないという方はオンラインショップ予約がおススメ。店頭で受け取ることはもちろん、自宅配送も可能です。

Softbankでの機種変更なら現在使用の携帯番号の入力だけでOK!発売は9/19との予想が大多数、よって予約開始は1週間前の9/12となりそう。iPhone5Sは先行予約なしだったため、下手すればiPhone6も発売日が予約開始となる可能性もあります。

確実にiPhone6を手にするため、予約開始日を逃さないよう今後のスペック情報と販売日をマメにチャックしていきましょう。

新スペック達を試すのが今から楽しみですね♪


スポンサード:カラコン ピンク

 

iPhone6スペック!カメラについて

iPhone6に搭載予定のカメラ画素数は、iPhone5S/5Cと同様800万画素という情報が濃厚になって来ました。ですが、iPhone6のiOS8のプレビュー機能はPDF・各種画像ファイル・Office・iWorkファイルなどを開く事が出来るとの事。

更にiPhone6はPDF、画像ファイルは編集も可能になるようです。光学手ブレ補正と最新オートフォーカスにより、更に綺麗な写真が撮影出来るでしょう。

Apple社は光学手ブレ補正とオートフォーカスに関する特許を申請しており、研究が続けられています。

この研究によってiPhone6カメラでは薄暗い室内などでの撮影も、フラッシュなしで鮮明な写真・動画が可能になるのです。初代iPhoneが登場した2007年には200万画素のカメラが搭載されていました。

2009年には300万画素、2010年で500万画素とLEDフラッシュの装備、2011年で800万画素。

現最新モデルである2013年iPhone5S/5Cでは800万画素が据え置かれましたが、 プロのカメラマンも、このiPhoneのカメラ機能には一目置いているほど実はすごいものなんです。なんといっても初代発売から7年でiPhoneのカメラ機能は着実に進化を見せているのですから。

それゆえ、カメラのiPhone6スペック
ディスプレイ:4.7インチ416ppi/5.5インチ356ppi 共に解像度1704×960
ROM:32/64/128GB
プロセッサー:A8チップ
背面iSightカメラ:1,000万画素 f値2.0
前面FaceTimeカメラ:210万画素

という情報も。

Apple社が前回よりスペックが下回る機能をiPhone6に搭載するはずはないのでこういったiPhone6について騒がれているカメラ機能情報も無い話ではないでしょう。Apple社の技術をもってすれば1000万画素も可能かと思われるが、果たしてiPhone6に搭載と公式発表されるのか大いに期待されるところです。ぜひ、iPhone6は1000画素にスペックを上げて欲しいですよね?

そのためにApple社はiPhoneユーザーのさらなる高スペックの期待に応えるべく、日々研究を続けているのですから。

そして、カメラ機能に加えて今回iphone初の防水機能も搭載予定データをパソコンなどに移行し忘れていた時に限って水没、なんて経験のあるユーザーもいたのではないでしょうか。防水機能があれば、撮りためた写真やムービーも水によって消滅されることも少なくなるのでは。

新スペックが目白押しのiPhone6なるべくなら発売日にゲットしたいですねSoftbankのオンラインショップ予約なら、機種変更の方はお使いの携帯番号の入力だけ。

予約を逃さないよう今後の情報をマメにチャックしていきましょう。

今から機種変更するのが楽しみですね♪


スポンサード:

 

iPhone6スペックCPU

9月発売予定のiPhone6のCPUにA8プロセッサを搭載するのではとCPUのスペックが話題になっています。

CPUって?と思われる方の為に、

まず、CPUとは「セントラル・プロセッシング・ユニット」の略で中央処理装置という意味です。

簡単にまとめてしまうと全体の処理や計算などを行う、頭脳的役割をする部分といったところです。この頭脳部分の良し悪しが性能に直結すると言っても過言ではないほど、重要なパーツとなる訳です。

CPUのスペックが良ければ、そのコンピュータはたくさんの難しい処理をサクサクこなしてくれるということですね。

今回iPhone6に搭載されるチップは、iPhone5sのA7チップに対してA8チップつまり、iPhone6のCPU性能は5Sの倍。

Apple社はどこまでハイレベルなスペックを追求してくるのでしょう。A7チップでもかなりスムーズな動作だったので、A8ではその上の動作ということになり、かなり高性能端末になる模様。

iPhoneを使いこなしているユーザーにとってはかなりの朗報ではないでしょうか。デザインも丸みを帯び、薄さも6ミリとスタイリッシュ。

容量は16GB廃止で128GBが新たに加わります。iPhone6のカラーについては、ゴールド・スペースグレイ・シルバーとのこと。これもまた選択に悩む要素ですよね。

また、流出しているiPhone6の背面画像にNFCアンテナの通信用と思われる穴を発見。AppleがNFCに関連する特許を出願していたという情報も海外記事で明らかになっています。

これはまさにiPhone6にNFC機能が搭載され、おさいふ携帯になるということです!

iPhone5Sでもこの噂が飛び交いましたが、いよいよiPhone6に搭載となるのではという情報が多数あります。

もはや日常的に使われているおさいふ携帯、TouchIDでホームボタンに指を置くだけの指紋認証で本人確認を済ませ、ミュージックやアプリなどの購入が可能なんて日が来るのでしょうか。

Apple社は通常店舗でもこれを可能にしようと研究を進めているため、実現すれば財布いらずで買い物が出来るかもしれません。

さらに、光学手ブレ補正と最新オートフォーカスでグレードアップしたカメラ機能。新スペック達を兼ね備えたiPhone6スペックを手にしたらデジカメ要らず、財布要らずとなりそうですね♪♪

そんなiphone6を発売日にゲットする為予約開始日を逃さないよう、今後の情報を忘れずチャックしていきましょう。


スポンサード:

 

iPhone6スペック!防水について

いまや誰もが知るのiPhoneですが、何故か防水機能ってありませんでしたよね。9月に発売予定のiPhone6にはとうとう防水機能が搭載されるようです。

思わずお風呂やトイレに落としてしまって、大切なデータが失われてしまったなんて方も多いかと思います。それもパソコンにデータ保存していなかったときに限って・・・

この「水」による悩み、iPhone/iPad/iPodtouch修理のLOGICMAGIC(略称ロジマジ)では耐水加工サービスを始めたほどユーザーにとってはぜひとも追加してほしい機能のひとつでした。

Galaxy S5やソニーのXperia Z2では既に防水・防塵性能が装備されているので、万が一水没したとしても1mの深さで30分程度の防水設計がされています。あまり過度な期待はできませんが、今年リリースされる予定のスマートフォンも防水・防塵性能を備えている為、9月発売のiPhone6にもおそらく搭載して来るでしょう。

更にiPhone6は、

●エッジに丸みあるスタイリッシュデザインでリキッドメタルボディ

●4.7インチと5.5インチの2モデル展開

●全面パネルにサファイアガラス採用

●ソーラー充電システム

●NFCモバイル決済機能

●ワイヤレス充電

●128GBモデルで容量アップ

●気圧や高度を測定できるセンサー

など、かなりのグレードアップです。

次期iPhoneに対するユーザーの期待は高なる一方ですが、この期待にどこまで答えてくれるのか。Apple社がiPhone5Sを下回るような機能を搭載するはずもなく、これらの噂される新スペック達をすべて搭載なんて夢のようなiPhone6を発表してくるかもしれません。iPhone6カメラ機能は薄暗いところでもキレイに撮影が可能と言うところで防水以外のスペックも楽しみです。

そんな期待のiPhone6発売日は9/19との予想が大多数。過去のデータからだと予約開始は1週間前の9/12です。9月の発売日に確実にiPhone6を手にする為に、オンラインショップで簡単予約。

Softbankユーザーの機種変更なら自分の携帯番号を入力するだけで予約が完了しちゃいます。これを機にiPhoneユーザーへとお考えの方も、Softbankなら簡単な入力で予約できるんです。

待ち望んだスペック達がもうすぐ発表されます。その手で使いこなす日を楽しみに待ちましょう!!


スポンサード:住宅ローン比較|借り換え前に住宅ローンの金利やサービスで選ぶ

 
« Older posts

Copyright © 2016 iphone6スペック info

iPhone6スペックUp ↑